このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進東京シンポジウムを開催しました

更新日:2017年2月10日

 大阪府、堺市、羽曳野市、藤井寺市で構成する百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議では、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた取組みをすすめています。
 このたび、百舌鳥・古市古墳群の価値や魅力を多くのみなさまに知っていただくため、東京にてシンポジウムを開催しました。
シンポジウムの冒頭では、世界文化遺産登録に向けた応援大使任命式も行い、応援大使はレキシの池田貴史さんに決定しました。
 

1.日時

平成29年2月3日(金曜)午後1時から午後4時30分まで

2.場所

三井住友銀行東館3階 SMBCホール(東京都千代田区丸の内1-3-2)

3.内容

百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録応援大使任命式 (午後1時から午後1時30分)

M-1グランプリ2016王者の銀シャリのお二人が司会として会場を盛り上げるなか、前方後円墳を形どった被り物や、薄緑色の袴を着用した池田さんが登場し、「こういう大使をやりたくて、歴史の歌をうたってきた。本当にうれしい限りです。」と意気込みを話しました。

 任命式の最後には、節分にちなみ、池田さん、銀シャリのお二人、松井会長(大阪府知事)、竹山本部長(堺市長)、来賓の蔭山秀一様(株式会社三井住友銀行取締役副会長)、北側一雄衆議院議員による登録祈願豆まきが行われ、世界文化遺産登録を祈願しました。


登録祈願の豆まきの様子

(応援大使プロフィール)

レキシ:池田貴史氏によるソロプロジェクト。日本の歴史に造詣が深く、日本史に関する歌詞が特徴の楽曲を多数制作。また、様々なアーティストとのコラボレーション、プロデュース、ライブサポートも行う。2012年には、3枚目のアルバムにて、「古墳へGO!」を発表。

(司会者プロフィール)

銀シャリ:2005年に結成された、鰻和弘氏(うなぎかずひろ)と橋本直氏(はしもとなお)による漫才コンビ。よしもとクリエイティブエージェンシー所属。第40回NHK上方漫才コンテスト優勝、M-1グランプリ2016優勝の実績を持つ。

プログラム (午後1時35分から午後4時30分)

  • 基調講演「世界遺産の意義と登録への道のり」

  前文化庁長官 青柳正規氏

  • 講演「古墳文化と百舌鳥・古市古墳群」

  兵庫県立考古博物館館長 和田晴吾氏

  • 調査研究発表「陵墓の発掘調査成果と古墳研究」

  宮内庁書陵部陵墓課主席研究官 清喜裕二氏

  • パネルディスカッション「世界遺産登録への道のり」

  コーディネーター:岡田保良氏(国士舘大学教授)

  パネリスト:青柳正規氏、和田晴吾氏、西村幸夫氏(東京大学大学院教授)、清喜裕二氏

このページの作成担当

文化観光局 世界文化遺産推進室
電話:072-228-7014 ファックス:072-228-7251
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新着情報

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る