このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設展示設計業務の公募型プロポーザルの審査結果について

更新日:2016年4月22日

(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設展示設計業務の公募型プロポーザルについて、「堺市プロポーザル方式による委託業務事業者選定委員会」において審査を行った結果、下記のとおり優先交渉権者が選定されました。

1 優先交渉権者

   株式会社乃村工藝社

2 優先交渉権者の評価点

企業の能力 技術力 価格 合計
20点 / 20点 121.2点 / 140点 31点 / 40点 172.2点 / 200点

3 最優秀提案者の選定理由(選定委員会の講評)

 本選定委員会は、業務受託者の選定にあたり、「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設基本計画」に示された百舌鳥古墳群のガイダンス施設のあり方を踏まえ、今後、堺市とともに展示設計を進めていくパートナーにふさわしい展示設計の専門家を選定するという視点から審査を行いました。その結果、最優秀となった提案者は、「技術力」において高い評価が得られ、堺市の施設整備に対する思いに応じるだけの高い能力があるとして、第1順位となりました。
 特に、古墳群という考古学的な文化遺産を対象とする展示について丁寧に作ろうとする姿勢が評価されました。また、整備後の事業継続性に配慮し、「感動と共感」を促すコミュニケーション人材の育成などを実績に基づいてアピールするなど、きめ細かな提案となっていました。
 第2順位となった提案は、この展示を目的に人を引き付けるだけのインパクトがあり、その点が高く評価されましたが、費用対効果という点では不安があると評価されました。
 第3順位となった提案は、ハードに頼るのではなく、ソフトを育てるためのハードを作るという新しい考え方が提示されており、その点が魅力的な提案でしたが、展示設計の提案としてはややインパクトに欠ける印象でした。

 今後、最優秀となった提案者が、展示設計を進めるうえで起こりうる様々な課題に柔軟に対応し、堺市民が誇り得る百舌鳥古墳群のガイダンス施設が素晴らしいものとなることを期待しています。
 最後に、本プロポーザルに熱意を持ってご参加いただき、貴重な提案をいただいた参加者の皆様に、心から敬意を表し、感謝申し上げます。

                                            平成28年4月
                 堺市プロポーザル方式による委託業務事業者選定委員会
                   [(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設展示設計業務]

4 参加者の名称(申込順)

 株式会社乃村工藝社
 株式会社トータルメディア開発研究所
 株式会社丹青社 関西支店

5 選定の経過

平成28年2月8日 第1回選定委員会(審査基準などの審議等)

平成28年2月29日

公募開始

平成28年3月30日

提案書等の提出

平成28年4月7日

第2回選定委員会(ヒアリングの実施、提案書等の審査)

6 各者の評価点

順位

企業の能力
(20)

技術力
(140)

価格
(40)

総合点数
(200)

1 20.0 121.2 31.0 172.2
2 20.0 111.6 35.5 167.1
3 20.0 98.4 40.0 158.4

7 選定委員会の委員

(委員) 大阪新美術館建設準備室 主任学芸員 植木 啓子

(委員)

大阪府立近つ飛鳥博物館館長 白石 太一郎

(委員)

大阪大谷大学 名誉教授 中村 浩

(委員)

大阪電気通信大学 総合情報学部 教授 原 久子

(委員)

堺市 文化観光局長 笠谷 実

(50音順・敬称略)

このページの作成担当

文化観光局 世界文化遺産推進室
電話:072-228-7014 ファックス:072-228-7251
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新着情報

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る