このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第5回百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進シンポジウムを開催しました

更新日:2016年5月11日

 大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市で構成する、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議(以下「推進本部会議」という。)では、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた取り組みを進めているところです。
 このたび、専門家の意見を通じて、古墳群の価値を知っていただくとともに、古墳群を守り継承していくことを府民・市民の皆様と共有するため、シンポジウムを開催しました。

 当日、会場では、熊本県等での地震への義捐金を募らせていただき、8,721円のご協力をいただきました。
集まった義捐金は、日本赤十字社大阪府支部を通じ、このたびの地震で被災されたみなさまにお届けさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

開催日時

平成28年4月17日(日曜)
13時00分(会場12時00分)~16時55分

会場

りそな銀行大阪本店地下講堂
大阪市中央区備後町2-2-1

主な内容

基調講演「文化遺産を受け継ぎ、未来へ活かす」

齋藤孝正さん(文化庁文化財部文化財監査官)

講演「世界遺産登録の動向と百舌鳥・古市古墳群」

西村幸夫さん(東京大学先端科学技術研究センター所長)

報告「百舌鳥・古市古墳群の価値とその保存管理」

山上弘(大阪府教育庁文化財保護課課長補佐)

「濠に架けられた木橋―ニサンザイ古墳の調査成果―」

内本勝彦(堺市文化財課調査第二係長)

「応神天皇陵古墳周辺の発掘調査成果」

井原稔(羽曳野市歴史文化推進室課長補佐)

パネルディスカッション「百舌鳥・古市古墳群の価値の継承」

コーディネーター
岡田保良さん(国士舘大学教授)
パネリスト
西村幸夫さん
和田晴吾さん(兵庫県立考古博物館館長)
宗田好史さん(京都府立大学教授)
徳田誠志さん(宮内庁書陵部陵墓課陵墓調査官)

このページの作成担当

文化観光局 世界文化遺産推進室
電話:072-228-7014 ファックス:072-228-7251
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新着情報

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る