このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアムシンポジウム「よみがえる本物のものづくり空間―井上関右衛門家の魅力に迫る―」【オンデマンド配信は終了しました】

更新日:2022年1月12日

ポスターの画像

 堺区北旅籠町の「井上関右衛門家住宅」(堺市指定有形文化財)は、全国で唯一のこる江戸時代前期の鉄砲鍛冶の住居兼作業場で、「鉄砲鍛冶屋敷」として親しまれています。
 現在堺市では、令和5年度の「(仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム」のオープンに向けて、建物の保存修理工事を進めています。
 井上関右衛門家住宅が立地する環濠北部エリアは、鉄砲鍛冶やその関連職人が集住し、分業により日本有数の鉄砲生産をおこなう「江戸時代の工場団地」でした。
 また、井上家の屋敷地内には「鍛冶場」・「細工場」・「店の間」など一般の町家にはない特別な機能が見られ、鉄砲鍛冶としての地位が高まるにつれて、当初6間(約12メートル)だった表口は17間半(約35メートル)まで拡張されます。
 今回、令和3年11月22日(月曜)から令和4年1月11日(火曜)までオンデマンド配信をおこなうシンポジウムは、令和3年度堺市と関西大学との地域連携事業として令和3年11月14日(日曜)に実施され、2万点を超える井上関右衛門家資料の研究調査に携わった専門家の講演と、「銅の精錬工場」として名高い大坂の住友銅吹所の研究者などを交えたパネルディスカッションを通じて、江戸時代の「本物のものづくり空間」鉄砲鍛冶屋敷の魅力に迫る内容となりました。

シンポジウムおよびオンデマンド配信は終了しました。

オンデマンド配信

 令和3年度堺市と関西大学との地域連携事業
 堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアムシンポジウム「よみがえる本物のものづくり空間―井上関右衛門家の魅力に迫る―」
 令和3年11月14日(日曜) 於、関西大学堺キャンパス

公開期間

 令和3年11月22日(月曜)から令和4年1月11日(火曜)
※オンデマンド配信は終了しました。

プログラム

  • 基調講演 「堺鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家の『家と人』」・・・関西大学名誉教授・兵庫県立歴史博物館館長 藪田 貫
  • 「鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家に関する堺市との共同調査に基づく鉄砲ならびに『モノ作り』に関する研究」の研究成果について」・・・関西大学総合情報学部教授 林 武文
  • パネルディスカッション「近世堺の町工場(まちこうば)」
  • 報告1 「近世大坂の巨大工場 住友銅吹所」・・・元大阪歴史博物館研究主幹 松尾 信裕
  • 報告2 「町工場から鉄砲鍛冶屋敷へ―保存修理工事から見える建物変遷について―」・・・堺市文化財課 小林 初惠
  • パネルディスカッション・・・ 藪田 貫  ・ 井上 俊二(井上家当主弟)・松尾 信裕・ 小林 初惠

当日配布資料

クラウドファンディング「(仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム応援プロジェクト」

※令和3年度の募集は終了しました。

 堺のものづくりの原点ともいえる鉄砲生産の歴史を後世に伝え、魅力あるミュージアムを創るために、クラウドファンディングを実施します。

記名用の瓦の画像

実施期間

 令和3年9月13日(月曜)から12月11日(土曜)まで

寄附者特典

  1. (仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアムのプレオープンツアーへの参加
  2. 堺鉄砲鍛冶屋敷に葺く瓦への記名

関連企画「堺鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家パネル展」

12月 南図書館

 南図書館でのパネル展は終了しました。

南図書館でのパネル展の様子の画像

 会場:堺市立南図書館(南区茶山台1丁7-1堺市立泉ヶ丘市民センター2階)
 日時:12月8日(水曜)~12月14日(火曜)午後10時から午後8時まで
  ※11日(土曜)・12日(日曜)は午後6時まで、最終日14日(火曜)は午後4時まで
  ※13日(月曜)は休館日
  ※10日(金曜)~12日(日曜)は、堺観光ボランティア協会による説明つき(午前10時~午後4時30分)
  ※9月に予定していたパネル展が緊急事態措置により中止となったため、12月に会期を変更し開催しました。

南図書館(内部リンク)はこちら

10月 イオンモール堺鉄砲町

 イオンモール堺鉄砲町でのパネル展は終了しました。

イオンモールでのパネル展の様子の画像

 会場:イオンモール堺鉄砲町(堺区鉄砲町1番地)
 日時:10月7日(木曜)~12日(火曜)午前10時から午後9時
   ※10月8日(金曜)~10日(日曜)は、堺観光ボランティア協会による説明つき(午前10時~午後4時30分)
 アクセス:南海本線「七道駅」下車すぐ

主催

 堺市・関西大学(堺市と関西大学との地域連携事業)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

文化財のお知らせ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る