このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

企画展「蔵のとびらを開いてみれば~堺鉄砲鍛冶屋敷 井上関右衛門家」を開催します

更新日:2020年7月21日

 堺区北旅籠町に所在する全国唯一の江戸時代の鉄砲鍛冶の住居兼作業場「堺鉄砲鍛冶屋敷 井上関右衛門家」。
 井上家の“蔵のとびら”を開いてみると、総点数2万点をこえる史料が発見され、堺市と関西大学の共同研究調査の結果、それらが日本の鉄砲生産の歴史にとって第一級の史料であることが判明しました。これらの貴重な成果を広く発信し、市民のみなさまが身近な歴史遺産にふれる機会として、井上関右衛門家資料の初の企画展を開催します。
 期間中は講演会やワークショップなどもあわせて開催します。
展示解説講演会ワークショップ歴史秘話SAKAI

新たに発見された「通(かよい)」の画像
新たに発見された「通(かよい)」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。さかい利晶の杜企画展詳細ページ(外部リンク)はこちら

ご来館時の注意

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館の皆さまには、引き続き感染予防の観点から、次のとおりご協力をお願いします。

  • 発熱(37.5度以上)、咳・咽頭痛などの症状、だるさ、息苦しさなど体調に不安のある方はご来館をご遠慮ください。なお、入館の際は検温をさせていただきます。
  • 「大阪コロナ追跡システム」の登録にご協力ください。
  • 必ずマスクあるいはハンカチなど口を覆うものを着用してください。
  • 着用していない方は入館をご遠慮ください。
  • 会話はできるだけお控えください。
  • こまめな手洗いと手指の消毒をお願いします。
  • 大人数でのご来館はご遠慮ください。
  • 混雑時には、ご入館をお待ちいただく場合があります。
  • 館内では人と人との距離(最低1メートル、できるだけ2メートル)を確保してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。詳細はさかい利晶の杜HP「新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのお願い」(外部リンク)をご覧ください。

 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から事業内容等が変更になる場合があります。また、同様の観点から企画展示室の入場者数を制限する場合があります。

展示期間

 令和2年8月19日(水曜)から令和2年9月14日(月曜)まで
 ※展示中休館日なし

開館時間

 午前9時から午後6時 (入館は午後5時30分まで)

会場

 さかい利晶の杜(堺市立歴史文化にぎわいプラザ) 企画展示室
  (堺市堺区宿院町西2丁1番1号)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「さかい利晶の杜」のHP(外部リンク)はこちら

観覧料

 大人     300円 (240円)
 高校生     200円 (160円)
 中学生以下 100円 ( 80円)

※(  )内は10人以上の団体料金
※障害のある方と介護者、堺市内在学の小中学生と引率教職員、未就学児は無料

アクセス

  • 阪堺電気軌道阪堺線「宿院」停留所より徒歩1分
  • 南海高野線「堺東」駅よりバスで約6分(宿院バス停下車)
  • 南海本線「堺」駅より徒歩で約10分、バスで約3~5分(宿院バス停下車)
  • JR阪和線/南海高野線「三国ヶ丘」駅よりバスで約10分(宿院バス停下車)
  • 阪神高速15号線堺線「堺」ICより車で約3分
  • 阪神高速4号湾岸線「大浜」ICより車で約3分

駐車場

  • 普通車 1時間200円(1日最大1400円)※さかい利晶の杜施設利用者に割引があります。
  • バス  1回1000円(予約制)

展示解説

資料調査を担当した専門家が展示内容を解説します。

井上宗次 短筒図の画像
井上宗次 短筒図

開催日

 令和2年8月22日(土曜)、9月5日(土曜)

時間

 午後2時から (30分程度)

※当日自由参加

講演会

開催日

 令和2年9月6日(日曜)

時間

 午後1時から午後4時まで

応募方法

 往復はがき(1通につき1人)に氏名(ふりがな)・住所・連絡先電話番号を記入して、堺市文化財課(〒590-0078堺市堺区南瓦町3-1)「企画展講演会」係宛にお送りください。令和2年8月7日(金曜)消印有効(応募多数の場合は抽選となります。)

定員

30人

講師

  • 関西大学名誉教授・兵庫県立歴史博物館館長 藪田 貫 氏

 「ここまでわかった!堺の鉄砲鍛冶を支えた人々」
  「通(かよい)」の分析し鉄砲生産の分業の実態を明らかにします。

  • 国立歴史民俗博物館教授 齋藤 努 氏  「科学の眼でみる火縄銃の銃身」

  現代では失われた銃身づくりの技術について、文化財科学の専門家が解説します。

場所

 フェニーチェ堺文化交流室 (堺市堺区翁橋町2-1-1)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

参加料

 無料

ワークショップ やさしく学ぶ火縄銃の仕組み

火縄銃の発射の仕組みを見ながら鉄砲鍛冶の知恵を学びます。

井上関右衛門壽次銘 火縄銃の画像
井上関右衛門壽次銘 火縄銃

開催日

令和2年8月30日(日曜)

時間

午前10時30分から、午後1時30分から、午後3時から

定員

各回当日先着15人

場所

さかい利晶の杜 1階観光案内展示室

歴史秘話SAKAI

堺市博物館白神学芸員が、鉄砲鍛冶屋敷ご当主兄弟と対談し、井上関右衛門家の知られざる歴史に迫ります。

開催日

 令和2年9月13日(日曜)

時間

 午前11時から午前12時まで、午後2時から午後3時まで

応募方法

 電話(072-260-4386)・FAX(072-260-4725)・電子メール(event@sakai-rishonomori.com)または直接さかい利晶の杜へ

 FAX・電子メールの場合は、件名に「歴史秘話SAKAI参加希望」。本文に(1)氏名(ふりがな)、(2)お住まいの市区町村名、
 (3)電話番号を記入の上お申し込みください。
 8月3日(月曜)午前9時より受付開始

定員

 各回30人

場所

 さかい利晶の杜 茶室広間

参加費

 500円(お抹茶と和菓子付き)

主催

 堺市・関西大学(堺市と関西大学との地域連携事業)

共催

 さかい利晶の杜

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る