このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

旧新楽寺梵鐘

更新日:2012年12月19日

 堺市内に唯一、河内鋳物師が造った梵鐘(ぼんしょう)があるのをご存知でしょうか。現在、堺市博物館(堺区百舌鳥夕雲町)に寄託されているもの【写真】で、記された銘文によって弘長(こうちょう)二年(1262)に丹治国則(たんじくにのり)によって製作されたことがわかります。

 丹治国則が造った作品には、この作品の他、菅山寺(かんざんじ<滋賀県余呉町>)の梵鐘がありますが、どちらにも居住地が記されていません。

 しかし、寛元(かんげん)四年(1246年)に高野山の大湯屋釜を修理した時の記録に、筆頭の丹治国高(たんじくにたか)と共に“河内国住人”と記されており、河内国に住んで活躍した鋳物師の一人であることが分かります。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 みはら歴史博物館
電話:072-362-2736 ファックス:072-362-2260
〒587-0002 堺市美原区黒山281

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る