このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

企画展「堺市の指定文化財―絵画・彫刻・工芸品―<平成30年4月28日(土曜)~5月27日(日曜)>

更新日:2018年5月22日

タイトル

会期

平成30年4月28日(土曜)~平成30年5月27日(日曜)

休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)

展示の概要《絵画・彫刻・工芸品》

 堺市内には、国・府・市によって特に重要なものとして指定された、多くの「指定文化財」が伝わっています。その種別も多岐にわたり、絵画や彫刻、建造物や古文書、考古資料など有形文化財のほか、史跡・名勝・天然記念物・民俗文化財等、その数は100件以上にものぼります。
 これらは、寺社の宝物類として、あるいは地域の歴史を伝える証人として、また今年で開館38年目となる堺市博物館の館蔵品として、いずれも長い歴史を経て守り伝えられてきた貴重な文化財です。
 本展の会期前半では「古文書・典籍」を特集しましたが、今回の会期後半では「絵画・彫刻・工芸品」(平成30年4月28日~5月27日)を特集して展示することとし、堺市内の指定文化財のうち、堺市博物館の館蔵品や寄託品を中心にご紹介します。 

主な展示品と見どころ

 堺市に所在する指定文化財のうち、当館の所蔵品や寄託品を中心にご覧いただき、その魅力をご紹介します。また、文化財の保存と伝承に欠かせない保存修理について、近年に実施した例もご紹介します。

〈主な展示品〉
(1)指定文化財
・観音菩薩立像 一躯 中国・隋時代 (当館蔵、重要文化財)
・十六羅漢像 十六幅 南北朝時代 (法道寺蔵、重要文化財)
・漆塗太鼓形酒筒 一口 文明5年(1473) (当館蔵、重要文化財)
・大寺縁起下絵 三巻 元禄3年(1690) (当館蔵、府指定有形文化財)
・十一面観音立像 一躯 平安時代 (光明院蔵、指定有形文化財)
・法起菩薩曼荼羅図 一幅 室町時代 (当館蔵、市指定有形文化財)
・源氏物語図屏風 六曲一双 江戸時代 (小谷城郷土館蔵、市指定有形文化財)
・世界図・日本図屏風 四曲一双 江戸時代 (個人蔵、市指定有形文化財)
・住吉祭礼図屏風 六曲一双 江戸時代 (当館蔵、市指定有形文化財) 
                                      ほか、計31点

 堺市北区百舌鳥赤畑町の光明院に伝来した一木造のお像で、頭から裳裾までの体幹部を一材から彫り出されています。
 平安時代10世紀に造られ、威厳に満ちたお顔立ちや、胸や腹のくびれを肉感豊かに力強く表現しているところが注目されます。

世界図屏風(個人蔵、市指定有形文化財)
「世界図・日本図屏風」のうち、「世界図」 江戸時代 (個人蔵、市指定有形文化財)

 堺市内の旧家に伝来した屏風で、世界図と日本図が対になっています。
 世界図は江戸幕府による寛永の鎖国令以後の地図が原図となったと考えられ、地図の左右には各国の当時の特産品が記されています。堺がかつて海外貿易で栄えたことを示す好資料です。

 一見すると大きな実用の太鼓かと思いますが、上についた蓋を開けるとお酒が入れられるようになっています。
 底部には刻銘があり、高野山の鎮守である天野社(現・丹生都比売神社)の神宮寺であった山王院の什物として寄進されたことがわかります。
 平成27年度に保存修理を行い、今回が修理後初のお披露目となります。

関連イベント《絵画・彫刻・工芸品》

展示品解説

日時

4月28日(土曜)、5月20日(日曜) いずれも14時から30分程度。

内容

企画展会場で当館学芸員が解説。事前申し込み不要、当日直接会場へ、要観覧料。

企画展チラシはこちらでダウンロードできます。

開館時間や観覧料、博物館へのアクセスなど、利用案内はこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

企画展・特別展

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る