このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市博物館 連続講座 “堺とさかい” 

更新日:2017年2月16日

開催趣旨

 昭和55年(1980)の開館以来、堺市博物館は、市民の学習の場として、展覧会をはじめとする取り組みで、市民の皆さんへ歴史文化に関するさまざまな情報を発信してきました。
 その一環として、昨年度までは当館学芸員や堺市内外の考古学の専門家により、主に「百舌鳥古墳群」を取り上げた連続講座を3期にわたって開催し、より深く百舌鳥古墳群を理解していただくとともに、博物館の活性化と百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録への機運の醸成を図ってきました。
 そこで、平成28年度から、考古学のみならず歴史学や関連各分野の当館学芸員や堺市内外の専門家により、堺市の原点、つまり日本の歴史上における堺の位置付けとして、堺が、「クロス・ポイント」、つまり、結節点と深いつながりを持つという視点から、「さかい」に焦点をあてた連続講座を開催し、市民の皆さまに「堺の堺たる所以」の理解を深めていただくとともに、博物館の活性化を図っていきたいと思います。

スピンオフ企画 フィールドワーク 古代の人々からの遺産-百舌鳥古墳群-を体感しよう!                             参加者募集開始

内容

 ユネスコの世界文化遺産登録をめざす「百舌鳥古墳群」を当館学芸員と一緒に歩いて、そのスケールや価値を体感していただきます。

日時

 平成29年3月20日(月曜・祝日) 午後1時00分出発、午後3時30分解散(予定) ※雨天決行

講師

 当館学芸員 橘 泉

コース

 当館-大仙公園内の古墳-履中天皇陵古墳-仁徳天皇陵古墳-当館

定員

 30人(小学生以上、小学生は必ず保護者同伴)、先着順。

参加方法等

 参加無料、要申込、先着順。
下記の申込・問い合わせ先まで電話でお申し込み下さい。ただいま受付中

申込・問い合わせ先

  堺市博物館 学芸課  電話:072-245-6201

NEW平成28年度後期 堺とヒト  

 堺をめぐる歴史上での有名、無名を問わないさまざまな人物・事物・事象を、堺が持つ多様な「クロス・ポイント」の異なる観点や側面から捉え直す時、新しい歴史像が描かれるかも知れません。
 今回は、「堺とヒト」と題して、市民の皆さんにも馴染み深い歴史的人物を「クロス・ポイント」の観点から見たとき、堺がどのように投影されているのか考慮しつつ、当館学芸員が講演いたします。
 また、特別講師に、堺の歴史に造詣の深い淺井允晶堺女子短期大学名誉教授をお招きして特別講座も開催いたします。

第1回 堺と一休宗純

 日時

 12月24日(土曜)  午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員  矢内 一磨

 内容

 戦国時代、有名な禅僧一休宗純に、「文化的『クロス・ポイント』堺」の町衆が、いかなる影響を及ぼしたのかについて考えます

第2回 堺と千利休

 日時

 1月14日(土曜) 午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員  倉橋 昌之

 内容

 「侘茶」の大成者として有名な千利休を、「経済的『クロス・ポイント』堺」の商人として捉えなおすことで見えてくる、異なる利休像について考えます。

第3回 堺と与謝野晶子

 日時 

 1月28日(土曜) 午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員(利晶の杜) 安達 智美

 内容

 歌人のみならず評論活動、教育、さらには古典研究の分野でも活躍した与謝野晶子に影響を与えた、「社会環境的『クロス・ポイント』堺」について考えます。

特別講座 堺と小林安石‐幕末堺の蘭学事情‐

 日時

 2月25日(土曜) 午後2時から午後3時30分まで

 特別講師

 堺女子短期大学名誉教授 淺井 允晶  先生

 内容

 1980年5月のWHOによる世界根絶宣言まで人類に恐怖を与え続けて伝染病「天然痘」。この病に対する唯一の予防法で牛痘を利用した「種痘」法を上方で普及させた人物として、大阪大学医学部の源流にあたる適塾の緒方洪庵が著名ですが、実は、緒方洪庵と共に「種痘」法の普及に尽力した堺の医師が存在していたのです。その名は小林安石(1794~1854)です。
 小林安石の存在に光を当てられた淺井允晶先生のご研究から、幕末堺の蘭学事情を通じて、幕末期の「クロス・ポイント」堺についてご講演いただきます。

会場

 各回とも、堺市博物館 地階 博物館ホール

定員

 各回 100人(当日先着順)

参加方法

 参加無料。事前申し込み不要、当日直接会場へお越しください。
 (展示の観覧をご希望の場合は、別途観覧料が必要です。)

平成28年度前期  仁徳天皇陵古墳と自由都市の時代   <終了>

 仁徳天皇陵古墳と自由都市の両時代に関するテーマで当館学芸員が講演いたします。

第1回  戦国時代念仏者のみた“さかい”

 日時

 平成28年5月29日 (日曜) 午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員 倉橋 昌之

第2回 戦国時代の堺と三好一族

 日時

 平成28年6月12日 (日曜) 午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員 吉田 豊

第3回 古墳時代のさかい

 日時

 平成28年6月26日 (日曜) 午後2時から午後3時30分まで

 講師

 当館学芸員 橘 泉


「住吉祭礼図屏風」(右隻:堺側)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

催し物のご案内

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る