このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市博物館コンサート 2017

更新日:2017年8月17日

堺市博物館コンサートについて

 堺市博物館では、博物館で文化芸術と音楽の創造性を発揮できるような雰囲気の場として、市民により親しみを深めてもらうため、博物館コンサートを実施しています。
 平成26年度から、出演者の一般公募を実施して以来、より幅広く多くの方々に多様なコンサートを楽しんでいただいております。
 平成29年度もいろいろなコンサートを企画しております。是非お越しください。

NEW 第56回博物館コンサート 夏のポートレート~ソプラノ、フルート、ピアノによるトリオコンサート~ 参加者募集

日時

 8月27日(日曜) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

会場

 堺市博物館ホール

定員

 150人(当日先着順)

参加方法等

 入場無料。事前申し込み不要  当日直接会場へお越しください。※正午より、整理券を配布します。

出演

(写真 左から)

片岡 幸 (フルート)

 12歳よりフルートを始める。
 大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。同大学卒業演奏会、YAMAHA新人演奏会出演。2013年日本フルートコンヴェンションコンクールアンサンブルアワード部門入選。2014年より渡仏後、リュエイユ・マルメゾン地方音楽院に入学。スペシャリゼ課程にてディプロムを満場一致で取得。同音楽院エクセランス課程修了。2016年よりパリ地方音楽院にてナタリー・ロザ氏にピッコロを師事。
 これまでにフルートを飯田緑、中務晴之、中川佳子、フィリップ・ピエルロ、ミッシェル・モラゲスに師事。

河合 唯 (ピアノ)

 滋賀県立膳所高校、同志社女子大学を卒業後、同大学音楽学会《頌啓会》特別専修生を修了。
 2004年PTNA ピアノコンペティションJr.G 級全国決勝大会ベスト賞受賞。2006年第7回大阪国際音楽コンクールAge‐Hファイナリスト。2016年パリで行われたフランス国際音楽ピアノコンクールにて第1位及び現代曲特別賞受賞。同年、International Music Competition 'London’ Grand Prize Virtuoso 2016にて室内楽部門第1位。2017年レ・クレドールコンクール(フランス)にて第1位及びショパン賞受賞。これまでピアノを井上宏子、クラウディオ・ソアレス、岡本麻子各氏に師事。2015年より渡仏し、リュエイユ=マルメゾン地方音楽院にてエクセランス課程を審査員満場一致、賞賛付きの1位で合格。現在は同音楽院にて、最高課程であるヴィルトゥオーゾ課程に在籍。ピアノをシャンタル・リウ氏、室内楽をジュリアン・シャボ、ミシェル・モラゲスの各氏に師事。

斉藤 あゆみ (ソプラノ)

 大阪音楽大学声楽科、同大学専攻科修了。
 2013年 京都フランスアカデミーにてミレイユ・アルカンタラのマスタークラスを受講。
 2014年 渡仏。セルジー・ポントワーズ地方音楽院、リュエイル・マルメゾン地方音楽院にて声楽を学ぶ。2016年 コンクール「Lyres et des Arts」にて審査員満場一致でコンクールディプロマを取得。コンクール「Les Cles d’Or」奨励賞を受賞。2017年 コンクール「Les Cles d’Or」第二位。これまでにオペラ「天国と地獄」、「フィガロの結婚」、「ヘンゼルとグレーテル」、「ランタン灯での結婚式」などに出演。日本、フランスで多数コンサートを行う。高須禮子、Jean Francois Rouchon、Mary Saint-Palais、Marie-Claude Solanetの各氏に師事。

プログラム

  • シャミナード  ポートレート
  • サティ      ジュトゥヴ
  • ビゼー     アルルの女よりメヌエット  ほか

第55回博物館コンサート 涼月 音流れ  <終了>

日時

 7月23日(日曜) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

会場

 堺市博物館ホール

定員

 150人(当日先着順)

参加方法等

 入場無料。事前申し込み不要  当日直接会場へお越しください。※正午より、整理券を配布します。

出演

二胡

 楠田 名保子 Nahoko Kusuda 
 2002年中国人二胡演奏家 程 農化氏に出会い師事。2004年より関東中心にソロ演奏活動を開始。
 これまで独奏での演奏会の他、シンセサイザー、ピアノ、バイオリンなど西洋楽器や他の民族楽器、歌とのコラボ、四国や関西の寺院にて聲明・雅楽・舞楽との共演等、全国各地で様々な形で演奏を行う。
 2015年 国際二胡コンクール <高級部門> 銀賞受賞(香港国際芸壇主催)。
 心に伝わる演奏を追い求め、澄んだ音色に定評がある。後進の指導にもあたる。

ピアノ・シンセサイザー

 岸谷 宏茂  Hirotaka Kishitani
 高校生の時にシンセサイザーの音に出会い、以降様々なジャンルの音楽の演奏に傾倒する。 それまでのオーソドックスなバンドスタイルから、民族楽器とのコラボに重点を置き、感情を導き映像が浮かぶ音楽を追求しつつ積極的に演奏活動を展開している。二胡・シタール・タブラ・ウード・ケーナ等の民族楽器や日本最古の音楽、雅楽とのコラボなどで、伝統の楽曲を崩さずに聴きやすくアレンジし、敷居が高く感じられる音楽を親しみやすくする活動を行っている。自身のオリジナル曲で世界遺産高野山・熊谷寺でのソロコンサートや京都・伏見稲荷大社でのソロコンサート、アーティストサポート等活動している。

プログラム

  • 服部良一  蘇州夜曲
  • 劉 天華  良宵           ほか

第54回博物館コンサート  紫陽花コンサート~木管五重奏とピアノの愉しみ~  <終了> 

日時

 6月11日(日曜) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

会場

 堺市博物館ホール

定員

 120人(当日先着順)

参加方法等

 入場無料。事前申し込み不要  当日直接会場へお越しください。
※正午より、整理券を配布します。

出演

ニューフィルハーモニック大阪木管五重奏

 オーケストラ、ニューフィルハーモニック大阪のメンバーと元メンバーで結成された木管5重奏。フルート、オーボエ、クラリネット、ホルンに加えファゴットでなくフランス式バソンを加えた編成。
 これまでにムラマツリサイタルホールにおいてバソンの会演奏会、新大阪ユースホテルでのコンサート、鶴見緑地公園内水の館にてフラワーガーデンショー、フラワーフェスティバル、第20回大阪市民音楽祭、大阪第2ビル総合学習センターランチタイムコンサート、難波市民学習センターにおいての木管5重奏とピアノの愉しみシリーズ、長居植物園ガーデンイルミネーション・ナイトガーデン、東大阪市民美術センターひるさがりロビーコンサート、東大阪イコーラムホールにおいて東大阪市主催「特別コンサート」、東大阪の子育て支援施設においての演奏など多数演奏会に出演。
 ・フルート  橋本恵菜      ・オーボエ 本田剛     ・クラリネット 長野容子
 ・ホルン  横井奈緒子     ・バソン   春名裕之    ・ピアノ   西村優子

プログラム

  • 石川亮太 編     ウッド・ウインズ・オペラ・ガラコンサート
  • 菅野よう子       花は咲く
  • R.ロジャース サウンドオブミュージックメドレー          ほか

第53回博物館コンサート 音楽物語ドラマ~再会 <終了>

日時

 5月28日(日曜) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

会場

 堺市博物館ホール

定員

 150人(当日先着順)

参加方法等

 入場無料。事前申し込み不要
 当日直接会場へお越しください。
※正午より、整理券を配布します。

出演者

大城梨花(フルート)・杏花(ピアノ)

 姉妹でデュオを組み、東京、大阪はじめ、全国各地のコンサートホールから地域の公民館まで様々な場所で演奏活動を行っている。誰もが知っている有名な「物語」を、シーンごとに合わせた「音楽」で綴る「音楽物語」を創り上げ、梨花作曲のオリジナル曲とともに、人々に今までにない深い共感をよんでいる。やわらかく語りかけるようなMCを入れながら、オリジナルアレンジによる有名な小曲、映画音楽、ポップス、日本の歌等親しみのある曲から演奏会用の近現代曲まで演奏される世界は、聴いていると映像が浮かぶと言われ、従来のフルート&ピアノのイメージを覆すスケールと繊細さで聴く人の胸に強く迫る。
 1999年、鳥の声や水の音にあわせて作曲されたアルバム「Deep Forest」を制作。2004年全曲オリジナルによる 2ndアルバム 「NOWHERE,ANYWHERE」。
 2014年「音楽物語」、2015年「音楽物語2」、2016年「音楽物語3」がリリースされ、「音楽物語三部作」として完成。2ndアルバム以降、すべてNRPよりリリース。
http://www.o-rika-kyoka.jp

曲目

  • 映画「マイ フェア レディ」より 踊り明かそう (F.ロウ作曲)
  • ザ・ウォーター・イズ・ワイド (スコットランド民謡)
  • 音楽物語「ノアの方舟」 (大城梨花編曲&構成)   ほか

第52回博物館コンサート  桑原怜子ピアノコンサート クラシックとジャズの世界 <終了>

日時

 4月30日(日曜) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

会場

 堺市博物館ホール

定員

 150人(当日先着順)

参加方法等

 入場無料。事前申し込み不要
 当日直接会場へお越しください。
※正午より、整理券を配布します。

出演者

 桑原怜子
 桐朋女子高等学校音楽科卒業。ハンガリー国立リスト音楽院卒業 修士号及び演奏家資格、教職資格取得。第7回日本クラシック音楽コンクール第2位。第2回ウィーンピアノコンクール入賞及びオーストリア現代音楽最優秀賞受賞。第14回青少年ローマ国際ピアノコンクール第3位。第12回Gianluca Campochiaro国際音楽コンクール第1位及び満場一致の最高得点取得の為、特別賞受賞。第6回アントン・ルビンシュタイン国際ピアノコンクール第3位。第6回ヨハネス・ブラームス国際音楽コンクール第1位。イタリア・ローマ国立音楽祭への出演など、日本・ヨーロッパ・中東諸国にて室内楽・ソロリサイタルに出演している。また、2007年にはKarmatronic Recordsより1stCDアルバム「The Piano Life」をリリースし、i tunesなど各オンラインショップにて発売中。2012年DPIC EntertainmentよりCDアルバム「リスト 巡礼の年 第一年 スイス」を発売。ソロ活動の他、新ブダペスト四重奏団、ハンガリー国立オペラ座・ファイロニ室内楽奏団、ヤナーチェク四重奏団とも共演するなど、室内楽の分野にも力を入れている。これまでに、池田洋子、故 林秀光、ジョルジュ・ナードル、バラージュ・レーティカーロイ・ボトバイ、フェレンツ・ラドシュ、各氏に師事 。

プログラム

  • ベートーヴェン ソナタ「悲愴」Op.13
  • モーツァルト   トルコ行進曲
  • ファジル・サイ編

  ・モーツァルト トルコ行進曲 ”ジャズ”
  ・ガーシュイン サマータイム・バリエーション
  ・パガニーニの主題による変奏曲 ”ジャズ”    ほか

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

催し物のご案内

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る