このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

須藤健一 堺市博物館新館長 略歴

更新日:2017年4月3日

平成29年4月1日より、須藤健一 堺市博物館長が就任します。須藤新館長は、文化人類学・民族学研究の権威で、平成21年度から平成28年度まで、国立民族学博物館長を務めました。

専門分野

 文化人類学

略歴

1969.03 埼玉大学教養学部教養学科卒業
1972.03 東京都立大学大学院社会科学研究科
(社会人類学専攻)修士課程修了 
1975.09 東京都立大学大学院社会科学研究科
(社会人類学専攻)博士課程単位取得退学
1975.10 国立民族学博物館第三研究部助手
1986.01 国立民族学博物館第一研究部助教授
1989.08 オーストラリア国立大学客員(~1990.06まで)
1993.04 神戸大学国際文化学部教授
2000.10 神戸大学国際文化学部長(~2004.09まで)
2002.02 神戸大学大学院総合人間科学研究科長(~2004.09まで)
2005.04 神戸大学附属図書館長(~2007.03まで)
2007.04 神戸大学大学院国際文化学研究科教授
2009.04 国立民族学博物館館長就任(~現在に至る)

学位

1972.3 文学修士(東京都立大学)
1986.2 文学博士(東京都立大学)

主な研究のフィールドとテーマ

 オセアニア、ヤップ、サタワル、トンガ王国、ソロモン諸島、母系社会、資源利用、伝統的航海術、海外移住、資源保護

現在の研究課題

 オセアニアにおける伝統政治と民主主義に関する人類学的研究

所属学会

日本文化人類学会、日本オセアニア学会、南島史学会、ニュージーランド学会、生態人類学会

主要著作

1989 『母系社会の構造―サンゴ礁の島々の民族誌』紀伊国屋書店
1993 『性の民族誌』(共編著)人文書院
2003 『パラオ共和国―過去、現在そして21世紀へ』(共編著) おりじん書房
2008 『オセアニアの人類学―海外移住・民主化・伝統の政治』風響社
2012 『グローカリゼーションとオセアニアの人類学』(編著)風響社
2012 『オセアニアと公共圏―フィールドワークからみた重層性』(共編著)昭和堂

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る