このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

武田 新太郎

更新日:2013年10月2日

武田 新太郎 1886(明治19)年~1958(昭和32)年

夏之保津峡

制作年 
1939(昭和14)年
技法・材質
木版・紙
寸法
22.7×30.3

略歴

1886(明治19)年 長野県に生まれる
1910 (明治43) 年 東京美術学校入学。岡田三郎助、岩村透らの指導を受ける
1918(大正7)年 奈良県師範学校につとめる。在職中に戸張狐雁著『創作版画と版画の作り方』(1922年刊)を読み深く感動し版画の世界へ入ることになる
1929(昭和4)年          徳力富吉郎・麻田辨次・亀井藤兵衛らと京都創作版画協会を結成。京都における創作版画活動の中心のひとりとして活躍
1957(昭和32)年 京都にて死去

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化課
電話:072-228-7143 ファックス:072-228-8174
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る