このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

鍵谷節子の世界―花々に込められた想い【令和元年11月2日~11月24日】

更新日:2019年9月30日


鍵谷節子 ≪歓び≫ 2018年 個人蔵

 鍵谷かぎたに節子せつこは中学時代に日本画家・金曽かねそ大畔たいはんの指導を受け、高校卒業後は京友禅のデザイン会社で図案を描くかたわら天王寺美術研究所でデッサンの勉強をしました。21歳の頃、日本画家・池田遙邨いけだようそんに出会い、師事したことを契機に本格的に日本画を学び、その後は池田道夫みちおの指導を受けながら精力的に公募展に出展し受賞を重ねていきます。
 初期の頃は室内で生けられた花を描き、後に戸外の自然の花へ、さらに海外、それから沖縄・奄美の森の花へと描く場所に変化がみられます。「花を描く画家」と周囲から見られることに戸惑いを感じながらも、画題は変えることなく一貫して花を描き続けました。鍵谷は、花と向き合うことで見えてくる、奥行きのある色合いや風土に息づくみずみずしい生命を鮮やかに描き出しています。
 現在も堺に在住し、作品制作のほか海外との文化交流や後進の指導に力を注ぐなど、幅広く活動を続けています。本展では、鍵谷の原点から現代の作品へと続く画業の軌跡を紹介し、鍵谷が見つめ続ける花々に込められた多彩な想いを辿ります。

開催概要

会期 令和元年11月2日(土曜)~24日(日曜)
会場

堺市立東文化会館ギャラリー
(堺市東区北野田1084-136)

開催時間

午前10時から午後5時30分
(入館は午後5時まで)

休館日

11月6日、13日、20日(水曜)

観覧料 無料

関連イベント

(1)ギャラリートーク「私が花の絵を描くこと、その想い」

作品制作への想いについて、自身のエピソードなどを交えながら解説していただきます。

日時

令和元年11月9日(土曜)及び17日(日曜)
午後2時~

講師

鍵谷節子氏(日本画家)

会場 堺市立東文化会館ギャラリー
参加費 無料
定員

無し(参加者多数の場合入場を制限させていただく場合があります)

申込方法

事前申込不要
(当日直接会場へお越しください)

(2)ワークショップ「レカンフラワー体験!花の宝石箱作り」

レカンフラワーとは、植物を自然な色と形のまま立体乾燥させ、変色防止のための立体フレームに密封する新しいフラワーアートです。
今回はレカンフラワーを使ったはがきサイズの小箱を制作します。

日時

令和元年11月3日(日曜・祝日)
午後1時30分~3時30分

講師 佐々木えみこ氏(押し花フルール代表)
会場 堺市立東文化会館 工芸室
参加費 1,000円
定員 16人(小学4年生以上)
申込方法

ハガキ、FAXまたは電子メールに、代表者の氏名・住所・電話番号・申込人数・年齢・レカンフラワー体験希望とご記入の上、文化課(〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号/FAX:072-228-8174/E-mail:bunka@city.sakai.lg.jp)まで。10月18日(金曜)必着。※応募多数の場合は抽選により決定します。10月25日(金曜)頃に全員に郵送で結果を通知します。


※作品はイメージです

チラシデータ

アクセス

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化課
電話:072-228-7143 ファックス:072-228-8174
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る