このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

東区 水・緑と調和し、安全・安心な暮らしをともにつくるまち
  • くらしの情報
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 地域情報
  • 区役所案内

本文ここから

さわやか日記11号(5・6月)

更新日:2018年8月2日

みんなでワイワイあそぼう会

 6月6日(水曜)、日置荘中学校体育館で「第14回みんなでワイワイあそぼう会」が開催され、参加させていただきました。
 このイベントは、就学前の子どもたちとその家族を対象にした交流事業として地域の子育てサークルが中心となって毎年実施されています。
 当日は雨にも関わらず、80人以上の方が参加され、追いかけ玉入れやボーリング、風船遊びなどのゲームを楽しみました。

子育て講座「災害から子どもを守ろう」

 6月5日(火曜)、東区役所にこにこルームで東区区民評議会関連事業として、子育て講座「災害から子どもを守ろう」を開催しました。
 講座では、避難場所や想定される災害の確認、子どものために必要な備蓄、子どもの身の守り方や避難方法などについて説明の後、抱っこひもなどの避難グッズの作り方の実演を行いました。
 参加された皆さまは、子どもたちとリラックスした雰囲気の中で、楽しみながらも熱心に話を聞かれていました。アンケートでは、「大変勉強になった」「友達にも教えたい」などのご意見をいただき、防災に関心を持っていただけたと感じました。

さわやか訪問(日置荘校区福祉委員会活動)

 6月5日(水曜)、日置荘校区福祉農園で小学生がじゃがいもを掘りました。日置荘校区福祉委員会では、子どもたちに収穫の喜びや土に触れ親しむ経験を味わってもらうため、毎年行っておられます。
 福祉委員を中心とした地域のボランティアの方々が手助けしながら、子どもたちが一生懸命じゃがいもを収穫する姿が印象的でした。

八下西校区自主防災訓練

 6月3日(日曜)、八下西小学校で開催された八下西校区自主防災訓練に参加しました。
 地域住民約200人の方が参加され、マンホール型防災トイレや災害用優先電話機を使用した訓練をはじめ、AEDやあっぱ君(胸骨圧迫訓練機器)を活用した救護訓練など多彩なプログラムを盛り込んだ訓練が実施され、真剣に取り組む姿が印象的でした。

第1回堺市東区区民評議会

 5月17日(木曜)、第1回東区区民評議会を開催しました。
 今年度は、昨年に引き続き「地域と連携し、ともに進める防災、減災の対策について」を諮問させていただき、防災・減災の実践に向けた審議をお願いしました。
 第1回堺市東区区民評議会について、詳しくは下記をご覧ください。
 第1回堺市東区区民評議会を開催しました。

第13回東区民まつり

 5月13日(日曜)、初芝体育館で行われた東区民まつりには、悪天候にも関わらず約17,000人の方々においでいただきました。
 体育館内のステージでは、野田中学校吹奏楽部によるオープニングに始まり、アンパンマンショー、区民の皆さまが練習を重ねた舞踊やダンスなど幅広い年齢層の方々が出演されました。
 また野球場では、各校区が腕をふるったカレーライス、たこ焼きといった模擬店をはじめ、子ども餅つきコーナー、ポン菓子コーナーなどが催され、地域住民のつながりを深めるイベントとなりました。
 同時開催の健康の集いでは、健康チェックや食育体験コーナーなどが開催されました。

第1回堺市東区教育・健全育成会議

 5月9日(水曜)、東区教育・健全育成会議の第1回会議を開催しました。
 今年度は「子どもたちが夢や目標を持ち、健やかに成長していくための望ましい生活習慣について」を議題として、審議を進めていただきます。
 第1回堺市東区教育・健全育成会議について、詳しくは下記をご覧ください。
 第1回堺市東区教育・健全育成会議を開催しました。

さわやか日記(過去分)はこちら

さわやか通信(過去分)はこちら

このページの作成担当

東区役所 企画総務課
電話:072-287-8100 ファックス:072-287-8113
〒599-8112 堺市東区日置荘原寺町195-1

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市東区役所

〒599-8112 堺市東区日置荘原寺町195番地1 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)

本サイト上の文章・画像等の無断使用及び転載を禁止します。

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る