このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

国保の被保険者証に関する質問

更新日:2017年4月1日

問1 子どもが他府県の学校へ通学することになりました。親元の国民健康保険から脱退しなければなりませんか? 

 就学のため親元の住居を離れる方は、引き続き親元の国保に加入することができます。お住まいの区の区役所保険年金課に届け出てください。

届出に必要なもの

  • 学生証など学生であることを証明するもの(入学前の場合は、合格通知書や学費の領収書など)
  • 下宿先の住所が分かるもの
  • 国保の被保険者証
  • 来庁される方の身分証明書

問2 被保険者証を紛失しました。再発行できますか?

 再発行できます。お住まいの区の区役所保険年金課の窓口に届け出てください。
 なお、被保険者証等の紛失や盗難にあった場合は、偽造や不正利用等を防ぐため、まずはお近くの警察署へ届け出てください。

届出に必要なもの

  • 運転免許証、パスポートなど本人であることを証明するもの
  • 印かん

問3 高齢者の自己負担割合はいつから2割になりますか?その証(高齢受給者証)はいつごろ届きますか?

 70歳になる翌月から(1日生まれの方は、その月から)高齢受給者証の対象になります。高齢受給者証の自己負担割合は、所得によって2割(昭和19年4月1日以前に生まれた方は1割※)または3割となります。
 高齢受給者証が「3割」で収入判定基準額に該当する方は、申請により2割(昭和19年4月1日以前に生まれた方は1割)に変更となる場合があります。
 高齢受給者証は、70歳になる月末(1日生まれの方は、その前月末)までに普通郵便で1人につき1枚交付します(手続きは不要です)。医療機関を受診する際は、必ず被保険者証と一緒に、医療機関の窓口に提示してください。


※ 平成25年度までは特例措置により「1割」に据え置かれていましたが、平成26年度4月から本来の「2割」に変更されました。なお、昭和19年4月1日以前に生まれた方については、特例措置により引き続き負担割合は「1割」です。

(詳しくは「一部負担金の割合」のページをご覧ください。)

問い合わせ

国保についてのお問合わせはこちらへ(各区保険年金課への問い合わせ先一覧)

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 国民健康保険課
電話:072-228-7522 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る