このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「市民の声」Q&A


堺市と大阪市の水道について
   
(市民の声)
   堺市と大阪市の水道をつなぐと水道料金が値下げされるというのは本当なのですか。また、現状大阪市と水道はつながっているのでしょうか。
   
(市の考え方)
   水道法では「地方公共団体は、水道事業を経営するに当たっては、その適正かつ能率的な運営に努めなければならない。」と定められており、本市も大阪市もそれぞれ効率的に水道事業を運営しております。そのため、水道事業の創設時期、都市規模の違い、地理的条件など異なる条件の中で施設整備や事業経営を行ってきたため、都市間で水道料金を始めとするお客様サービスに差が生じている状況です。
 本市と大阪市との間は、緊急時連絡管(災害や事故時に一時的に水道水を融通する管)でつながっていますが、国の許可がないため、平時にこの緊急時連絡管を使用して大阪市から水道水を受水することはできません。また、国の許可を得るためには、大阪市を除く府内42市町村で構成する大阪広域水道企業団との協議も必要となります。
 本市は、大阪広域水道企業団から水道水を受水することで水道事業を行うように国から許可されており、企業団から水道水を受水することを前提に、標高の高い位置に水道設備を建設し、効率的に市民の皆さまへ水道水が届くように施設整備をしてきました。
 ご質問のように、大阪市から水道水を受水するためには、緊急時連絡管以外に、大規模な水道施設を新たに整備する必要となります。その結果、多大な事業費用が発生し、水道料金に影響が出ることが予測されます。
 本市の水道料金は、一般のご家庭で1か月に20立方メートルお使いの場合、消費税込みで2,484円となり、政令市20市中で高い方から11番目(政令市平均2,596円)、府内43市町村中では35番目(府内平均2,812円)の水準となっており、比較的安くなっております。
 本市の水道料金は、直近では、職員定数の見直しによる人件費削減、検針業務やお客様センター・水運用運転管理業務等の民間委託への取組みによる水道事業の経営改善を行い、平成21年8月と平成22年10月の二度にわたり水道料金の引き下げを実施しております。
 今後とも、更なる経営の効率化を図ることで、現行の水道料金の引下げについても検討してまいります。

【掲載日】平成29年12月8日
   
(分類)
  上下水道>水道>水道料金
   
(受付日)
  平成29年10月11日
   
(担当局部課)
 
上下水道局経営企画室
   
(関連情報)
 
   
 


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る