このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「市民の声」Q&A


市税や水道料金のクレジットカード納付を実現してください
   
(市民の声)
   以前市民の声Q&Aで「水道料金や固定資産税をクレジットカードで支払えるようにしてください」という意見に対し、クレジットカードの導入は手数料を市が負担する問題があるとの回答がありましたが、今年始まった国税のクレジットカード納付や他の自治体の事例を見ると、手数料を納税者負担とすることでこの問題を解決しているようです。堺市も同じ仕組みを導入し、クレジットカード納付を実現してください。
 カードで支払えばポイント還元によって実質的な減税や利用料値下げにつながり、堺市に住むメリットも増えると考えられるので、積極的に推進してください。
   
(市の考え方)
   ご意見ありがとうございます。
 市税のクレジット収納の手数料については、全額を自治体が負担する従来の形から、納税者に一部または全額を負担いただく形に変わってきており、いただきましたご意見のとおり、この仕組みを利用することにより、クレジット収納導入における懸念事項は、一定部分解消されつつあります。
 しかしながら、クレジット収納に対応するための多額のシステム改修費用や月額基本料などの費用は依然として自治体が負担することが求められます。
 他の自治体の状況を見ますと、導入から数年が経過している自治体においても、クレジット納付の利用率は1%程度と低く、大きな利用率の増加が見られない状況です。
 一方、本市では、平成20年度から、24時間納税できるコンビニ納付及び自宅でも納付できるインターネット納付を導入し、納税の利便性向上に努めてきたところです。
 納税環境の整備が一定進んでいる状況において、多くの利用が見込まれない納付方法の導入のために市費を投入すること対しては慎重に判断する必要があります。
 クレジットカード納付の導入の是非につきましては、引き続き、こうした課題を踏まえつつ、電子納税の推進のため、地方公共団体が共同で収納を行う方策について検討を行っている国の動向にも注視しながら、検討してまいりたいと思いますので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。
(財政局税務部収税課)

 水道料金のクレジットカード納付については、ご意見いただいているとおり、お客様がクレジットカード納付に係る手数料を負担することにより、市が負担する費用の一部は解消されることとなります。
 しかしながら、クレジットカード納付の導入費用として、多額のシステム改修費が発生することから、現在のところ、クレジットカード納付を導入する予定はございません。
 現行システムを将来更新するタイミングに合わせ、お客様のニーズや利便性の向上も踏まえた水道料金の支払方法の見直し等を行ってまいりますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
(上下水道局総務部営業課)

【掲載日】平成29年7月3日
   
(分類)
  上下水道>水道>水道料金
   
(受付日)
  平成29年5月15日
   
(担当局部課)
 
財政局税務部収税課、上下水道局総務部営業課
   
(関連情報)
  平成29年1月30日受付「水道料金や固定資産税をクレジットカードで支払えるようにしてください」
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_shimin/data/21255.html
   
 


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る